Sudo Design Studio

気になる建物やデザイン、日々の出来事など、写真といっしょに、紹介していきます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無駄な空間が価値を生む | main | マンション セルフリノベーション プロジェクト 1 >>
# 間接照明




照明計画をするときに照明器具フェチなのでどうしても使いたいと思う照明器具もあるのですが、洗面所とかトイレといった水廻りの狭い空間は器具が目立たないダウンライトや間接照明を使うことが多いです。

写真の洗面室は、天井を折り上げて照明を入れて壁を照らしているのと、鏡を壁より浮かせて取り付けてその左右に照明を入れて壁を照らしています。







洗面室の隣のトイレもそのままの流れで天井の間接照明だけすませています。

スッキリした感じに見えませんか?








こちらはカーテンボックスに照明を入れて上からカーテンを照らしているのと、天井の1部を上げてその間に照明を入れて全体照明にしています。

ペンダントやブラケットには好きな照明が沢山あるのにシーリングライトは気に入った物がないのというのもあるのですが、広い部屋だとベースに間接照明を使ってアクセントにペンダント照明を使います。

そうすることで天井も器具だらけにならないし、ペンダント照明も引き立つのです。









寝室だと天井を1部下げてその間に照明をいれます。そうすると寝ていても光源が直接目に入らないので眩しくなく、
天井が少し低くなった分落ち着いた空間になります。

調光出来るようにすれば尚良いです。

家とかカフェとかホテルとか、そんなくつろぐための空間は、事務所や工場のようにやたらと明るくしない方が絶対良いと思います。

現在はLEDの普及で間接照明の造作が簡単になって、狭い懐でも取り付くようになったし、頻繁に電球を取替なくても良くなったのでもっと色んな使い方が出来るようになりました。

インテリアを考えるときに間接照明を使った演出を考えてみるのも楽しいと思います。




クリックお願いします。
| comments(0) | - | 22:11 | category: インテリア |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links